IGBT

半導体デバイス測定に関する翻訳で、IGBTという言葉が出てくる(例えば、Keysight B1505Aによる1500 A/10 kV IGBTの特性評価)。IGBTは、Insulated Gate Bipolar Transistor(絶縁ゲート型バイポーラ・トランジスタ)の略である。

IGBTは、ベース電流を制御してコレクタ-エミッタ間の主電流を制御するバイポーラ・トランジスタのベース部分がMOSFETのゲートに置き換わったようなもので、MOSFETの高速スイッチング性能とバイポーラ・トランジスタの高耐圧、低オン抵抗性能を併せ持っている。このような特徴から、高効率、省電力が求められる比較的大電力のパワー制御機器(冷蔵庫、エアコン、電気自動車、電車などのインバータ制御)で用いられている。

IGBTについては、以下を参照。

トランジスタの構造と基本特性(2)=MOSFETとIGBT=

こうして使おうパワー・デバイス 第3回 IGBTの原理と使い方

return loss(リターン・ロス)

高周波測定に関する翻訳で、return loss(リターン・ロス)という言葉がよく出てくる(例えば、FieldFoxベクトル・ネットワーク・アナライザのp10)。

伝送線路に信号を流すと、伝送線路の特性インピーダンスと負荷インピーダンスが同じ場合は、すべての入射波が負荷に吸収されて反射波が生じない。しかし、異なる場合はすべての入射波が負荷に吸収されずに反射波が生じる。この入射波の電圧と反射波の電圧は、方向性結合器を用いて容易に測定でき、これらの比(反射波の電圧/入射波の電圧)は反射係数と呼ばれる。リターン・ロスは、この反射係数を対数(デシベル)で表したもので、以下で定義される。

リターン・ロス(dB) = -20 x LOG(反射係数)

反射係数は、1以下(入射波の電圧≧反射波の電圧)なので、リターン・ロスは常に正の値で、無限大(反射波がない、特性インピーダンスの負荷)から0 dB(全反射、オープンまたはショート)まで変化する。

また、VSWR(電圧定在波比)とは、

リターン・ロス(dB) = 20 × LOG((VSWR + 1) / (VSWR – 1))

の関係にある。

リターン・ロスについては、以下を参照

ベクトル・ネットワーク解析の基礎

boxcar-averaging(ボックスカー・アベレージング)

オシロスコープ測定に関する翻訳で、boxcar-averaging(ボックスカー・アベレージング)という言葉が出てくる(例えば、高分解能オシロスコープの評価のp3)。

ボックスカー・アベレージングは、時間軸上で、比較的低い周波数の信号成分に高周波のノイズが重畳してる場合に、そのノイズ成分を除去するために用いられる平均化手法であり、移動平均と呼ばれることもある。boxcarとは有蓋貨車という意味であり、時間軸上の信号に対して平均演算を行う区間が移動するありさま(移動平均)が、有蓋貨車がレールを走るのを横から見るのと同様であることが、ボックスカー・アベレージングという名前の由来である。

移動平均については、以下を参照

FIR filter(FIRフィルタ)

GCF/PTCRB

LTE測定に関する翻訳に、GCF/PTCRBという言葉がよく出てくる(例えば、Agilent T4010S LTE RFコンフォーマンス・テスト・システム)。GCFは、Global Certification Forum の略で、PTCRBは、PCS(Personal Communications Service) Type Certification Review Boardの略である。

GCFは、携帯電話、スマートフォン、タブレットPCなどのセルラ・ネットワークを利用する携帯端末のグローバルな相互接続性(世界中で利用できる)を保証するための、認証試験項目を定めている団体で、主に、ヨーロッパとアジアの通信事業者が参加している。PTCRBも、同様の団体であるが、主に北米の通信事業者が参加している。

GCF/PTCRBについては、以下を参照。

NTTdocomoのホームページ>企業・IR情報>技術情報>NTT DOCOMO R&D(研究開発)>ドコモR&D(研究開発)の広報誌 テクニカル・ジャーナル>バックナンバーVOL.16 NO.3ドコモのGlobal Certification Forumへの取組み

Global Certification Forum(英語サイト)

PTCRB(英語サイト)

「おとう」

父親の呼び方で一番多いのは「お父さん」だそうだ。2位はわからないが「パパ」なのだろうか。関西あたりだと「おとん」と呼ぶのが多いのかもかもしれない。日本昔話では「おっとう」とか、テレビドラマなどでは「お父ちゃん」という呼び方もよく聞く。愛情表現である呼び方が、家族によって、あるいは地域によってまちまちなのは当然と言える。

米国だと「Daddy」とか「Dad」が一般的だが、これらの愛情表現の翻訳は文脈がわからないと結構悩ましい。年齢とともに「Daddy」から「Dad」へと呼び方を変えたりするケースが多い。日本でも、男の子が「父ちゃん」と呼んでいたのを、いつの頃からか「おやじ」と呼ぶようになったりするのと似ている。ところが女性の場合は、ちょっと異なる。「Daddy」はいつまでも「Daddy」と呼ばれたりする。日本でも、その傾向があるようだ。「パパ」はいつまでも「パパ」であり、「お父さん」は「お父さん」なのだ。

因みに、わたしの場合は頻繁に呼び方を変えている。

生まれてから幼稚園生の頃まで:おとう
小学校の低学年の頃まで:おとう、父ちゃん
小学校の高学年の頃から中学生まで:お父さん(ふざけて、父上)
高校生から大学生まで:父ちゃん、父さん、お父さん
社会人になってから:父ちゃん、父さん、おやじ
現在:おやじ
将来:おとう

新年の朝に、突然になぜか「おとう」の音が脳裏に響いた。「おとう」に、一家の「大黒柱」としてのたくましさを表しているような、荒々しさや強さをイメージさせているような、偉大さを表現しているような音の響きを生まれて初めて感じた。「おとう」は、「さん」や「ちゃん」付けでは呼べない大きな畏敬の対象なのである。

父のことを「おとう」と呼ぶように、子どもたちに教えたのは母であったに違いない。いや、単に「おとう」が地元では一般的な呼び方であったのだろう。何れにしても今度、父を直接呼ぶときには、尊敬と愛を込めて「おとう」と呼ぶことにしよう。

あらためて、誰かに原点回帰を説かれているような、そんな感覚を覚えた新年の朝であった。奇しくも今年は、父の生年である。