lessplasticな暮らしへ

洗濯物干し用に使用していたハンガーの上部が何となく白くこすれたようになっていることに気づいた。「これ、まずいかも」と思い、調べてみたらやはりマズイ。こすれてはがれたプラスティックはマイクロプラスティックとなり、外にばらまかれたら永遠に消えることなく、エコシステムの中に入っていってしまう。すぐに処分したほうがいい、とリコメンドされていたので、思い切って全部ステンレスに買い替えた。30本2380円。よく見ると洗濯ばさみも危ないのが何個かある。薄い青色の洗濯ばさみが多いのは、一番紫外線の影響を受けにくいからだそうだ。知らなかった。それでも限度はある。洗濯ばさみ、布団ばさみも処分して、ステンレスのピンチに買い替えた。大小のピンチ、合わせて4200円。うーーん、高いけど、ずっと使えるし。

これまで、エコバックを持ち歩く、などの消極的なプラスティック削減は行っていたが、暮らしを変える積極的なアクションは起こしていなかったことに気づく。

ドイツ人の友人の18歳の娘は、プラスティックで包装されているものは使用しないことにしているそうだ。彼は娘へのお土産に瓶入りのものを探していた。彼女は13歳から動物愛護の観点からベジタリアンになったとも聞いていた。日本人の18歳でこのように考える子は何人いるだろう。私の娘も含め、環境問題を授業やディスカッションで話し合うことはあっても、私と同じく積極的な削減に貢献しているとはとても言えない。
うちも少しずつ脱プラスティックを目指すことにした。

1年ほど前から宮本製作所のマグネシウムで洗う「洗濯まぐちゃん」(https://www.miyamotoss.co.jp/) を使っているので、洗濯洗剤は使っていない。汚れは十分落ちるし、においもない。生乾きのにおいは全くしない。また基本的に湯シャンなので、シャンプーも減らない。

残り物の保存によく使うサランラップも蜜蝋ワックス紙を購入して使うことにした。うまく使いこなせたら自分で作ってみよう。
家のあちこちにある小さな瓶を集めて煮沸し、タッパやラップ代わりに使うことにした。驚いたことに大小さまざまな大きさのものが10個以上もあった。

lessplasticというサイト (https://lessplasticlife.com/) があり、プラスティックを使用しない暮らしのさまざまなアイデアを提供してくれている。

全部を一気に変えることは難しいけど、今あるものを使い切ったら、次に買うのは少しでもプラスティックの少ないものを。そう考えることにした。
一人でも1家庭でもそう考える人が増えることが大切だと思う。

アセットの更新の大切さ

お客様から用語集の見直しを依頼された。その用語集には13000以上の用語が収録されており、その多くは弊社の校正者がひとつひとつ訳仕分けも考慮して作成してきたものである。
ただ、CATツールを使用し始める前からのものなので、情報量が多すぎ、クラウドベースでの翻訳ツールには向かない。一般用語も含まれており、用語のヒットが多すぎて、ずーーっと下にスクロールしなくてはヒットした用語が見れないのだ。これでは用語集の意味がない。
依頼されたのが去年の9月。ようやく年始に納品した。最終的な用語の数は3800。10000語程度エントリを減らしたことになる。またクラウド上で用語集のメンテナンスをさせてもらえる権利を頂け、これからはクラウド上で用語集の更新が直接できるようになった。

適度な間隔でアセットを更新することは大変重要である。プロジェクトの初期にはまだ定訳がなかった用語を、自社で翻訳し、その後、世間一般で異なる定訳が出てくるケースもある。お客様同士の合併や吸収で異なったスタイルや用語が混ざってしまうこともある。

いずれの場合も翻訳者にとって必要なのは、Webで公開されている数ある訳のなかで「このお客様」が使用する用語を用語集やTMで、「一目で」検索できることである。

デプロの場合は、お客様と長いお付き合いをさせていただくため、用語集やTMの管理を任せられることも多い。この用語集があるのだから、大丈夫、とは思わず、常に翻訳者さんの作業環境を考えながら、アセットを更新していこうと思う。結局はそれが品質の向上につながり、お客様の信頼を得ることなる。

SNS使ってる??

SNSを積極的に活用している人、SNSには興味がない人、さまざまだが、先日Facebookを愛用しているフランス人の友人が
That’s the magic of facebook, what matters is that it enables to share pictures and stay in contact even when far away!
うん、確かに。別のドイツ人の友人が
It is my life log. Even I myself do not remember when, where I visited, with whom. At the end of my life, I will see all my pages and remember how happy I have been.
これもわかる。
私はインスタグラムで家で作った料理の写真を「#おうちごはん」として記録している。2017年から初めて投稿数は昨日までで326。いわゆるご飯ログ。ゴージャスな時もあれば、たまにはこれ、みたいなものもある。でも何作ろうかなあと思ったときふとインスタを見直すとアイデアが浮かんだりする。
Facebookでもリンクをシェアしたりとかはしていなくてもっぱら自分の活動ログに使っている。それでも普段会えない友人から「いいね」をもらうと何となくあったかい気持ちになる。今からでも始めてみては?

けやきひろば秋のビール祭り2016

2016atm
秋だ!ビールだ!けやきだ!ということで、行ってまいりました。

今回はあちこち冒険せず、お気に入りのビールをすすりながら呑ん兵なかまとワイワイとパーリーな感じで、あっという間に時間は過ぎていったのでした。

それでは、来年の春にけやきひろばでお会いしましょう。

けやきひろば春のビール祭り2016

GWが終わったら、これ。「けやきひろば春のビール祭り」でビールを堪能してきました。

IMAG0692

去年は2週間にわたって開催されていたものが、1週間に圧縮されたこともあり、かなりの混雑。動線の確保もままならない、そんな感じでした。

それはともかく、初出店やまだ数回目といった新進気鋭のブルワリーは、いずれもクオリティが高く、クラフトビールの進化は留まるところを知らないと思わせるものでした。

それでは、秋のアリーナでまたお会いしましょう。

空耳アワー投稿支援ツール「SORAMIMI Detector」

SMM株式会社デプロ(本社:東京都八王子市、代表取締役社長 砂川昌順)は、このたび空耳アワー投稿支援ツール「SORAMIMI Detector」を開発し、2016年4月1日より販売開始します。

「SORAMIMI Detector」は音声リアルタイム翻訳のひとつの到達点として、長年の研究をもとにリリースされるものです。コアとなる翻訳エンジンは100%自社製を採用、音声解析部につきましては、信号処理のスタートアップであるイスラエルA3S5社の最新エンジンを搭載しており、同社のテクノロジーはNSA(アメリカ国家安全保障局)に採用された実績を誇ります。

サンプル(約120,000曲)による検出率は99.999%をマーク。これにより、誰でも気軽に空耳ネタの投稿が可能になります。

提供プラットフォームは、Windows、MacOS X、Android、iOSを予定しております。

11時ごろ、オフィスの窓から見えた虹です。
このあと青空になりました。なんだか、ホッとしますね・・・

rainbow

けやきひろば秋のビール祭り2015

秋といえば、けやき。けやきといえば、ビール。
ということで、またまた出掛けてきました。

IMAG0474

いつ来ても、会場の熱量に圧倒されてしまいます。毎回予習はしていくのですが、そのとおりに飲めた試しはありません。ただただ、目の前のビールをおいしくいただくことに精一杯となってしまうのでした。

それでは、次回は春。けやきひろばでお会いしましょう。

おとなの社会科見学

長野県上伊那郡宮田村にある、信州マルス蒸留所に足を運びました。こちらではウイスキーが作られています。

01

02

以前にも訪れたことがあったのですが、その当時はウイスキーに興味がなかったために、ごく普通の観光地をめぐる感じで、さほどに印象に残りませんでした。しかし、今回はウイスキーを嗜むようになってからの訪問ということで、設備の一つ一つに対し興味津々でした。

仕込みは冬に行うということで、ポットスチル(単式蒸留釜)はお休み中。設備を更新したばかりとのことで、ピカピカだったのが印象的でした。そして一番インパクトがあったのが貯蔵庫。入口のドアを開けた瞬間、ふわっとウイスキーと木材のいい香りが漂ってくるのでした。

樽に入れられたウイスキーは年2~4%の割合で蒸発しており(いわゆる、天使の分け前)、それが建物の中に充満しているというわけです。アルコールだけではなく木樽から発せられる芳香を伴っており、酒好きにはたまらない空間となっていました。一方で、貯蔵庫に入るやいなやすぐに外へ出てしまう方もいて、なかなかに濃い場所であることがお分かりいただけるかと思います。

ふだん身の回りにある品が、どのように作られているのかを知ると、愛着もまたひとしおです。たまにはこういった大人の社会科見学に出掛けるのもいいものです。

けやきひろば春のビール祭り2015 シーズン2

IMAG0220先週に引き続き、ビール天国に出掛けてきました。

前期から一部の店が入れ替わってのシーズン2となります。人、人、人、ビール、ワイン、ウイスキー、日本酒、焼酎という感じで、ものすごいエネルギーが会場に満ち満ちておりました。こうなったものも、先週よりも天気が良かったことが一因でしょう。

数年前のどこかまったりした雰囲気がなくなってしまい、それが寂しく感じられることもありますが、これからも足を運び続けたいと思っています。

それでは、次回は秋(9/18~23)。さいたまスーパーアリーナでお会いしましょう。