最後の「詰め」

アクセス制限の掛かったwebサイトを利用する際には、ユーザ名とパスワードの入力が必要になります。流れとしては次のような感じになるかと思います。

  1. 制限付きサイトにアクセス
  2. ユーザ名とパスワードの入力を求めるダイアログが表示される
  3. ユーザ名とパスワードを入力する
  4. 認証ダイアログが閉じられる
  5. ブラウザにサイトが表示される

しかし、Windows 7+Internet Explorer 10の環境では、ステップ5のブラウザにサイトが表示される段階で、他のウインドウにフォーカスが移ってしまう現象が発生します。サイト自体は表示されますが、IEのウインドウが非アクティブとなり、他のウインドウが表示されるため不便で仕方ありません。

先ほど、この件についてどうにかならないものかと相談を受け、初めてこの現象について知りました。さっそく調べてみたところ、MSとしては問題として認識しているようですが、未だ解決策はないようです。原因と解決方法をKBから引用します。

原因

この現象は、デスクトップ用 Internet Explorer 10 で認証ダイアログを閉じる際の、ウィンドウ位置/順序の制御の不具合に起因して発生します。

解決方法

この現象は、ウィンドウの位置/順序の問題であり、問題が発生しても表示されている Web ページの動作に影響はありません。認証ダイアログを閉じた後に、後ろに表示された Internet Explorer のウィンドウを再び前面に表示して操作を行うことができます。

解決方法を意訳してみると「こまけぇことは気にすんな!」といったところでしょうか。

しかし、毎日認証が必要なサイトにアクセスするユーザはどうでしょう? 「Web ページの動作に影響はありません」と簡単に切り捨てられてはたまりません。MSにとっては些末なバグかもしれませんが、これを疎かにすることはユーザエクスペリエンスを疎かにしているのと同じではないかと思います。

バグ処理の優先度など、リソースを割けなかった理由は様々かもしれません。そして残ってしまった最後の「詰め」。これを他山の石とせず、自戒を込めてここにメモしておこうと思います。

DANL(表示平均雑音レベル)

スペクトラム・アナライザに関する翻訳で、DANL(表示平均雑音レベル)という言葉がよく出てくる(例えば、スペクトラム・アナライザ測定を成功させる8つのヒントのp3)。DANLは、displayed average noise levelの省略形で、表示平均ノイズ・レベルとも訳される。

DANL(表示平均雑音レベル)とは、スペクトラム・アナライザのディスプレイ上に表示されるノイズフロアのレベルで、測定可能な最小信号レベル(感度)を表す。このノイズフロア・レベルは、スペクトラム・アナライザのRBW(分解能帯域幅)により変化するので、RMBの値とともにその仕様値が示される。ノイズフロアのレベルの下限は、自然界に必ず存在する熱雑音(kTB雑音)により制限され、理論限界値は-174 dBm/Hz(T=290 K)である。

スペクトラム・アナライザのダイナミック・レンジ、DANL、位相雑音、内部歪みの関係については、以下を参照。

RF/マイクロ波スペクトラム・アナライザのダイナミック・レンジの最適化

convolution(畳み込み)

回路シミュレーションに関する翻訳で、convolution(畳み込み)という言葉がよく出てくる(例えば、IBIS AMIチャネル・シミュレーション・フローを用いたSERDESデザインについてのp4)。

回路のインパルス応答を測定するだけで、あらゆる入力信号に対する応答(出力信号)が「畳み込み演算」により求めることができる。
コンボリューション1
ある系に、入力信号x[t]を印加したときの出力信号y[t]を考える。この系は、線形性(重ね合わせの原理が成り立つ)、時不変性(時刻が異なっても入力と出力の関係が同じ)、因果律を満たす(時刻nにおけるシステムの出力y[n]は、過去の入力x[n]、x[n-1]、…のみに依存)とする。
コンボリューション2
この系に、インパルス関数δ(n)[n=0のときδ(n)=1、n≠0のときδ(n)=0となる関数]を入力したときの出力(インパルス応答関数)をh(n)とすると、y[t]=x[t]h[0]+x[t-1]h[1]+…となる。これを、離散系のたたみ込み演算(コンボリューション)という(図参照)。

このような系では、インパルス関数δ[n]の応答h[n]を測定すれば、上の式から、任意の入力x[t]に対する出力y[t]が得られる。連続系では、上の離散系のたたみ込み演算を連続化して、図のような積分表示となる。

コンボリューション3

畳み込み演算の簡単な説明については、以下を参照

たたみこみ(合成積)

けやきひろば春のビール祭り2013

keyaki2013spr今年も行って参りました。ビール好きの天国「けやきひろば春のビール祭り」へ。

出店も50社を超え、それに呼応するかのような大入り状態。さらにお隣のさいたまスーパーアリーナではケツメイシのコンサートが開催されるということで、一杯引っ掛けてから出陣という方々も多数見受けられました。

足の踏み場もないような会場にちょっとばかり気圧されながらも、久しぶりに会うブルワー(醸造職人)さん、この祭りのための特別なビールなど、本当に楽しい事ばかり。まさに、これぞビールの天国。時を忘れて楽しむことが出来ました。

一芸

社員の「一芸採用」枠なるものを設けた。

「一芸に秀でる者は多芸に通ず」という言葉もある。「多芸は無芸」とも言われる。ここで、多芸を揶揄する表現をざっと挙げてみる。

「器用貧乏」「多弁能なし」「何でも来いに名人なし」「百芸は一芸の精(くわ)しきに如(し)かず」「螻蛄才(けらざい)」

思いつくだけでも意外とある。「石臼芸(いしうすげい)より茶臼芸(ちゃうすげい)」なんていうのもある。中途半端な多芸は、道を究めんとする意識社会においては特にそうなのか、さんざんな言われようである。

こう見ると世の中、歴史的にも一芸を究めることを評価する度合いが高いようだ。洋の東西を問わないのか、”Jack of all trades is master of none.”と揶揄したりする。

が、しかしである。

かの宮本武蔵の『五輪書』には、兵法を学ぶ心得として「諸芸にさは(わ)る所(広く諸芸の道に触る事)」と説かれている。一方で彼は「役にたゝぬ事をせざる事」とも記している。矛盾しているようだが、実は矛盾してはいない。

彼は、剣術を究めただけではない。晩年は、多くの趣味に遊んだ。書画、工芸をはじめ、茶道や能も嗜み、和歌を詠み座禅も組んだ。一芸を究めんとすれば、諸芸に触れざるを得ず、一芸の限界を見出すことで境地を悟ったのだろう。一芸を究めたからこそ、多芸の道が開けたと言える。

つまるところ、多芸である「器用貧乏人」が「器用で何が悪い」と開き直るのにも一理ある。さんざんに言われる筋合いはないのだ。「諸芸花多くして実すくなし」と言われようが、花の多い木の下で人は花見をするのである。

そこで、冷静に考えてみる。一芸が先か多芸が先か。

まず、多芸が先だと、芸の道が中途半端になりがちである。すべての芸で道を究めることは、常人には不可能だからだ。宮本武蔵とて、例外ではない。ならば、一芸を究める努力を先にした方がいいことになる。然るに、一芸から多芸に通じる道は開かれるのである。

一芸を極めることを通じて芸を学ぶ「道」(芸を習得する術、学び方、究め方)を自然と得とくした者は、ある意味強いのである。多芸への道も、照らされているからだ。

ならば、多芸先行者は不利なのだろうか。いや、そうとも言えない。逆も然り。多芸の中に共通点を見い出し、一芸に活かせればゴールへのショートカット(近道)となるはずだ。先ずは、”I’m just a Jack of all trades.”で開き直っていいのだ。大切なのは、その先である。多芸から何を生み出せるか、秀でた一芸を見い出せるかだ。

多芸でも一芸に秀で、一芸の中でも多芸の要素に溢れていれば、まさに最強なのだ。

「一芸に秀でる者は多芸に通ず」である。「多芸は無芸」ではない。無芸となるなのは、諦めたときである。

spurious free dynamic range(スプリアス・フリー・ダイナミック・レンジ)

スペクトラム・アナライザやデジタイザに関する翻訳で、spurious free dynamic range(スプリアス・フリー・ダイナミック・レンジ))という言葉がよく出てくる(例えば、PXA Xシリーズ シグナル・アナライザ N9030Aのp1)。スプリアス・フリー・ダイナミック・レンジは、spurious free dynamic rangeの頭文字をとってSFDRと略されることもある。

スプリアスとは、周波数軸上の目的の信号成分(基本波)以外の不要な信号成分のことで、高調波スプリアス(基本波の高調波成分)と非高調波スプリアス(電源やCPUクロックに起因する基本波と整数比の関係にない成分や相互変調歪み成分)がある。

スプリアス・フリー・ダイナミック・レンジとは、周波数軸上の目的の信号成分(基本波)と最大のスプリアス成分との差をdBで表したもので、「スプリアスの影響を受けないダイナミック・レンジ」という意味である。

スプリアスについては、以下を参照。

㈱NF回路設計ブロックのホームページ > 技術情報 > 技術用語集スプリアス

スプリアス・フリー・ダイナミック・レンジについては、以下を参照。

SNRとSFDR

Volatility(変動性、変動率、ボラティリティ)

金融工学では、金融派生商品の価格変動幅の比率のことだが、オプション取引では原資産価格の変動幅を年率で表示したりする。つまり、一定期間内における株価や金利などの変動性を示したものだ。大雑把に言えば、価格変動が大きければボラティリティは高くなり、小さければ低くなる。

投資市場では、ボラティリティのことを「ボラ」と略称し「ボラ高」とか言ったりするが、経済関連のドキュメントなどに出てくる「ボラ高」を、まさか魚市場でボラ(鰡)の値段が高くなっているのかと勘違いして翻訳する人は、……おるまい。……多分。

Engagement(エンゲージメント)

Engagementは、このコラムでも再登場である。この単語を訳すときには、特に注意が必要なだけに再度コメントしておこう。

Engagementを安易に”関係”と訳す翻訳者がいたりする。文脈によっては差し支えない場合もあるが、その定義が明確になされていないと、意味の通じない支離滅裂な訳文になったりする。特に、ITやマーケティング分野のドキュメントに出てくるengagementを訳す場合には注意が必要だ。プロの翻訳者なら、この言葉の持つ概念を十分に理解しておきたい。

辞書を調べても、どうも概念が今一つ掴めないという翻訳者のために、敢えて日本語的に一言に訳して説明するとしたら、「双方(互い)の成長に貢献し合う関係」「相互貢献的な関係性」とでもなるだろう。単なる、”関係”(relationship)を意味しているのではない、ということは理解できるだろう。

RORO index(RORO指数、Risk On/Risk Off指数)

RORO indexを”ロロ指数”といきなり訳してしまう翻訳者がいたりする。内容を理解した上でのことなら100歩譲ってもいいが、せめて”リスクオン・リスクオフ指数”として欲しい。金融工学におけるリスクオンとリスクオフの意味を理解しておくことが大切だろう。

ただし、リスクオンとリスクオフを理解したからといって、リスクオンの時はRORO指数が高くなりリスクオフでは低い値を示すものだと早合点してはいけない。

ちょっと難しくなるが、RORO指数は、関連性のないような金融資産のマーケットが同時に動く確率を指数化したもで、単にリスクオン・オフの高低を示したものではない。

common mode rejection ratio(コモン・モード除去比)

オシロスコープのプローブに関する翻訳で、common mode rejection ratio(コモン・モード除去比)という言葉がよく出てくる(例えば、より良いオシロスコープ・プロービングのための8つのヒントのp8)。コモン・モード除去比は、common mode rejection ratioの頭文字をとってCMRRと略されることもある。

差動増幅器やデジタル・マルチメータやオシロスコープの2つの入力(+と-、HiとLo)に共通に加わる(同じ位相で重畳される)ノイズは、コモン・モード・ノイズと呼ばれる。このノイズに起因する出力信号の誤差がどの程度小さいか(どの程度除去できるか)を表す指標がコモン・モード除去比である。コモン・モード・ノイズ電圧をEn、コモン・モード・ノイズに起因する出力(測定)電圧誤差を⊿Eoutとすると、CMRR = 20 log(En/⊿Eout)で表され、CMRRが大きほどコモン・モード・ノイズによる影響を受けにくい。また、ノイズが同じ位相で重畳されることから、コモン・モード除去比は同相信号除去比と呼ばれることもある。

差動増幅器やデジタル・マルチメータやオシロスコープの2つの入力(+と-、HiとLo)に対して逆向きに流れるノイズは、ノーマル・モード・ノイズと呼ばれる。伝送したい信号もノーマル・モードなので、一般にこのノイズの除去は困難である。

コモン・モード・ノイズとノーマル・モード・ノイズについては、以下を参照。

慶應義塾大学 環境共生・安全システムデザイン教育研究センターの牧野泰才氏のページノイズと計装アンプ

横河メータ&インスツルメンツのホームページ > 技術情報 > 計測豆知識・技術レポート測定器の正しい使い方入門 ディジタル・マルチメータの使い方の測定法と使用上の注意