FIR filter(FIRフィルタ)

デジタル信号シミュレーションに関する翻訳で、FIR filter(FIRフィルタ)という言葉がよく出てくる(例えば、EEsof EDA SystemVueのp3)。

FIRはFinite Impulse Response(有限インパルス応答)の略で、FIRフィルタのインパルス応答の継続時間が有限である(フィルタの応答が過去の有限個の入力データのみで決まる)ことを意味する。これに対して、IIR(Infinite Impulse Response)フィルタの応答は、FIRフィルタとは異なり、フィードバックが用いられることにより無限の過去からの入力データの影響を受け、安定性の問題が出てくるが、回路規模が小さく高速に動作するという利点がある。

FIRフィルタの簡単な例として、株式チャートのトレンドを見るために使用される移動平均がある。ある銘柄のX日の5日移動平均M(X)は、(X-4)日の株価Y(X-4)、(X-3)日の株価Y(X-3)、..、X日の株価Y(X)を用いて、(Y(X-4)+Y(X-3)+Y(X-2)+Y(X-1)+Y(X))/5で求められる。同様に、(X+1)日の5日移動平均M(X+1)は(Y(X-3)+Y(X-2)+Y(X-1)+Y(X)+Y(X+1))/5となる。このようにして得られた移動平均線は、株価の日々の変動(高周波成分)が平均化(フィルタリング)されて滑らかな線になる。

FIRフィルタについては、以下を参照。

Texas Instruments社の「DSP の基礎・トレーニング」ページ第 2 章 デジタル信号処理入門 (デジタルフィルタ)

ディジタルフィルタの概要

赤坂大歌舞伎

千代田線3b出口階段を上るとすぐ赤坂ACTシアターがある。祝日の昨日は、隣のBRITZ(ライブハウス)に並ぶお客さんも沢山いて、にぎわっていた。

演目は、「怪談乳房榎」(かいだん・ちぶさのえのき)三遊亭円朝作
祝日のせいか、立ち見も出る盛況ぶり。
私は、12列目の右端だったのですが、10列目の前が通路で花道の変わりに
役者さん達が時々通るのでなんかテンションあがる~。

途中酔っ払い役の役者さんが、ここいらは赤坂サカスといってテーベーエスがあるところだろ。テーベーエスといえば金八先生だ。
なんて言ったと思ったら客席に当の武田鉄也さんが、芝居見物。
立ち上がって回りにご挨拶。ちょっと得した気分になりました。

怪談ということで、ちょっと恐れていたけれど終始笑いが起こる
大変楽しいお芝居でした。

勘九郎君が、菱川重信という人気絵師と下男の正助と
悪役うわばみの三次という3役でこの3役の瞬時の入れ替わりが
もうなんと言ったら良いのか・・・
テレビのスポットCMで正助と三次の入れ替わりの場面を
何度も見ていたし、客席通路で入れ替わるのに
なんだか狐につままれた感じ。

そもそも絵師の重信の妻、お関(七之助)に一目ぼれした中村獅童
演ずる磯貝浪江が、下男の正助をたぶらかして、殺してしまい
お関をものにし、尚且つ正助に重信とお関の間の乳飲み子を十二社の滝
(現在の新宿都庁の裏辺りらしい)に投げ込んで殺させ、その正助も
うわばみの三次を使って殺そうとする。

休憩あと前説の感じで客席前列3列目まででしょうか
これから始まる一二社(じゅうにそう)の滝の場面のために
ビニールシートが配られ、水しぶきが来たら皆でいっせいに
ビニールを上げてよけるお稽古。
これはかって勘三郎さんがシアターコクーンでやった四谷怪談を思い出します。
その時は、笹野高史さんが音頭とって水よけのお稽古してたな~。

本水を使って勘九郎君と替え玉がくんずほぐれつ・・・

その場は、幽霊になった重信が子どもを助け正助に改心してその子を
無事育て上げれば、許してやろうとする。

この滝の場面は、ザーザー滝は流れるし、誰が誰だか。替え玉の人も顔・姿が似てて
わけが分からず、お客さんも「は~」とか「へ~」とか「え~??・・・」

最後には、大きくなった子ども(8歳くらい?)と正助とで浪江を切って
無事あだ討ちとなりました。

ほんとに楽しいひと時でした。

mark ratio(マーク率)

高速デジタル信号測定に関する翻訳で、mark ratio(マーク率)という言葉がよく出てくる(例えば、Agilent N4970A PRBSジェネレータ10 Gb/sと内蔵クロック・テスト・アクセサリ(TG2P1A)のp1の「主な特長」)。

デジタル・データは2進数として「0」と「1」の組み合わせで表される。このデータは、「0」に対応する電圧の低い状態と「1」に対応する電圧の高い状態を組み合わせたデジタル信号として伝送される。このとき、ある時間内での「1」を表す電圧の高い状態の割合をマーク率と呼んでいる。特にGaAsデバイスを用いた超高速光通信での伝送では、マーク率が偏るとデバイス特性が変化し、誤動作の原因となるので、伝送時にマーク率が1/2になるようにコード化される。

文化(言葉)保護

長年翻訳に携わっていると、ある種のクセがついてしまう。

例えば、
・街かどで目にする英語や日本語を完璧に翻訳できるか自分の力を自分で試してしまう、
・電車内の広告をマーケティングの視点から評価し、キャッチコピーなどを別の表現に置き換えたりする、
・レストランでオーダーすることを忘れ、メニュー表を校正する、
・セミナーなどでもらった資料の誤記などを探しまくる、

といったようなことを無意識のうちにやっているのである。職業病とでも言うのだろうか。

クセといったものは恐ろしほどに時間を費やさせるもので、ネットはその浪費の対象となっている。取り分け、海外の世界的なグローバル企業のサイトは、わたしにとっては格好の材料である。英語などのソース言語以外は、ほとんどが翻訳文だからだ。

翻訳された日本語サイトを読むと、その劣悪さに愕然とすることが増えてきた。日本語になっていれば、それでよしとする傾向が広まってきているように感じられる。意味が通じればまだしも、実際には意味不明な文章が多い。

職業病は、そんな文章に出会うとたちまち発症してしまう。直ぐさま英語サイトを確認し、翻訳文が内容的に正しいかどうかを評価することになる。そんな中、懸念されることが増えてきた。日本語サイトの文章が、誤訳のみならず文章そのものが質的にも許容される最低レベルを下回っているケースが目立ってきている。内容によっては、法的争議を起こされかねないクリティカルな間違いもあったりする。グローバル企業は、グローバライズ(ローカライズ)製品の品質低下が命取りになる恐れがあることを、認識しておく必要があるはずだ。思わぬところに、落とし穴があるやも知れぬ。

スピードの時代である。量産も求められる。すべてがコストと直結してくる。他社よりも一刻も早く、そして安く市場にローカライズ製品を投入しなければ遅れをとってしまう時代である。その焦りが品質低下を招き、それが起因してユーザー離れが起こり、業績悪化といった悪循環を自らで生成しているように思えて仕方がない。

コストを抑え、超スピード感をもって、信頼の得られる製品を市場に投入する術はある。先ずは、企業としてのビジョンの中で、例えば次のようなアピールをしたらどうだろうか。

「弊社は自然環境保護への取り組みと同様に、言葉(文化)の保護にも努めています」と。

真摯に取り組めば、きっと市場の信頼度も増すだろう。そういった姿勢も、企業の社会的責任の一つだと思うのだが、わたしの独りよがりだろうか。そこに、超スピード感を付加し、その取り組みを実現させるのがローカライザーの腕の見せどころとも言える。

「一語懸命」を旨として、市場の評価をダイレクトに受けながらお客様支援に取り組んでいるローカライザーとして、寝ても覚めても何処にいてもクセが出てしまうローカライザーとして、日々そう思うのである。

夢の治療(免疫寛容という治療法)

昨日NHKの「クローズアップ現代」という番組を見た。

番組中の症例は、確か肝臓がんの男性。
余命3年。息子さんの肝臓の一部を移植した。
普通移植が成功してもこれまでは、免疫細胞が移植された細胞を攻撃してしまうから
免疫抑制剤を一生飲み続けなければいけない。

それには、ちょっとした風邪でも命取りになるし、
副作用で他のがんになるリスクもある。

この免疫寛容という夢の治療は、臓器の提供者の血液に含まれる免疫細胞を取り出し、
移植者の免疫細胞と、特殊な薬剤と混ぜ、培養し、この細胞を移植者の体に戻すと、移植した臓器への攻撃は止まるのだという。
「免疫細胞を教育する」と北海道大学の移植チームの教授は、話していた。
一度教育すれば、ずっと継続するらしい。

この治療を継続中の男性は、免疫抑制剤の飲む量をどんどん減らして行き
仕事に復帰することが出来ている。

また、食物アレルギーの場合は、アレルギーの食品と、「アルファ・ギャルセル」という物質を混ぜたものを投与すると、その食物のアレルギーが収まるという。

数ヶ月前、私の母校の小学生が、給食のちじみを食べて亡くなった。中に入っていた粉チーズのアレルギーで亡くなったのだ。

一日も早く保険の効く一般的治療法になって欲しい。
花粉症にも効くらしい。

UI(ユニット・インターバル)

UI(ユニット・インターバル)

ジッタ測定に関する翻訳で、UI(ユニット・インターバル)という言葉がよく出てくる(例えば、クロック・ジッタ解析によるシリアル・データのBERの低減のp24の「位相雑音とジッタ」)。UIは、Unit Intervalの略である。

UI(ユニット・インターバル)とは、1クロック周期(デジタル信号(ビット列)の1つのビットの長さ)に対応する時間である。ジッタとはデジタル信号の時間軸上の揺らぎであり、その大きさをUI(ユニット・インターバル)を単位として表すことが多い。

UI(ユニット・インターバル)については、
株式会社アルティマの新人エンジニアの赤面ブログ 『クロック信号の精度表記について』の「UI (ユニットインターバル)について」の図を参照。

どうしたものか!

ここのところ、他社の翻訳に対する評価プロジェクトが続いた。

「売れる価値のない翻訳品質だと気づいて欲しい!」と苛立ちながら評価を終えた。昨今の、言葉の乱れか。質の悪い翻訳が、市場に溢れているための副次的な弊害か。

翻訳者は育つものであって育てられるものではない。が、…プロを育てねば、翻訳業界は全体としてダメになる。プロの翻訳者を育てる養成塾でも開設した方がいいのだろうか。

どうしたものか!

de-emphasis(ディエンファシス)

高速デジタル伝送に関する測定の翻訳で、de-emphasis(ディエンファシス)という言葉がよく出てくる(例えば、N4965AマルチチャネルBERT 12.5 Gb/sのp2)。

PCI Express、USB3.0、シリアルATA、HDMIなどの高速シリアル・インタフェースでは、数Gbpsあるいは数十Gbpsでのデータレートで高速伝送が行われる。このような高速伝送では、高周波成分の損失が大きくなり、伝送線路がローパス・フィルタとして働き、歪みにより符号間干渉が生じアイ・パターンがつぶれる。そこで、伝送線路を通った後の高周波成分の減衰に合わせて、あらかじめ送信側で低周波成分を減衰させておき、伝送線路を通った後でちょうどバランスするようにして、歪みをなくすことによりアイを開く。この手法をディエンファシスと呼ぶ。

ディエンファシスとは逆に、伝送線路を通った後の高周波成分の減衰に合わせて、あらかじめ送信側で高周波成分を持ち上げておき、伝送線路を通った後でちょうどバランスするようにして歪みをなくし、アイを開く手法をプリエンファシスと呼ぶ。しかし、プリエンファシスを行うと振幅が大きくなり信号の遷移時間が長くなるので、高速伝送では不利になる。

また、受信側で高周波成分の損失をイコライザで持ち上げる手法もある。

ディエンファシスについての詳細は、以下を参照。
USB 3.0規格のFAQ(2) ―― SuperSpeed USBはいかにして高速伝送を実現しているのか?

LVDSを基礎から理解する、さらなる高速/長距離化を可能にする技術(後編)

丸め誤差

今日は単位がらみの訳文エラー検出プログラムを作ってたんですがちょっとばかしハマりました。
原文に「$1.38bn」という文字列があったら訳文に「13億8千万ドル」があるか、みたいなチェックを実装したんですが、ちゃんとそう訳されているのに

「$1.38bn=13億799999999999999千万ドルです!」

とエラーメッセージが出ている。

はあ?

1.38に10を掛けると
1.38×10=13.799999999999999
という計算結果が!

最初はFlashのバグかと思ったんですが、実はこれ、コンピュータの世界では有名な丸め誤差らしいです。
10進数で正確に表せる小数でも2進数(コンピュータの世界)では循環小数になってしまう(有限の桁数で表現できない)ことが多いためだそうです。

これに関連した面白い記事を発見したので興味ある人は読んでみよう!

ちなみに1.38に10を掛けた「13.8」という数字が欲しいなら、「100倍して四捨五入して10で割ればいい」という画期的な方法を発見して「すげーな俺!」と思ったんですが、実はこれも有名な解決策だったらしいっす。。。