夢の光触媒

光触媒は太陽や蛍光灯などの光が当たると、その表面で強力な酸化力が生まれ、
接触してくる有機化合物や細菌などの有害物質を
除去することができる環境浄化材料だそうです。

「夢の扉」(TBS)という番組。
黄色ブドウ球菌・かびその他・・・この世の中にウイルス・細菌は
数え切れないほどだと思いますが、この番組で取り上げられた光触媒を
壁や床に貼る板に吹き付ける(溶射する)ことでほとんどのウイルス・細菌を
死滅させられるらしいのです(除菌率99.9%)。

ただこの溶射の技術を開発するのには、相当の時間と費用を要したようで
北九州市にある会社の社長さんは、簡単に出来れば誰だって出来る。
苦労に苦労を重ねた分、誰も真似できないものが出来るという信念で
技術開発を進めたのですが、赤字続きで
700人もの従業員をリストラしなければならなかったそうです。

そんな経験を経て、今院内感染を防ぐ対策の一つになった技術。
番組の最後では、室内清浄機のような持ち運びできる小型のものを
作っていました。

今年始め私は予防接種をしたのにインフルエンザに掛かってしまいました。
一人ひとりが、ペンダントみたいに首から提げてマスクを掛けないでも
ウイルスなどから身を守れたらと思う今日この頃です。

辛辣にエキサイティング

マーケティング翻訳(トランスクリエーション)のプロジェクトが増えてきた。ビジネス成功のカギはブランディングにあるからだ。そのことに気づき、注力し始めた企業が増えてきている

企業が「”いいもの”、”いいサービス”、なのに、なぜ売れない」と感じるようであれば、ブランディングに失敗している可能性がある。

ブランディングは、価値を正確に伝えるところから始まる。単にそれらしい言葉を並べても、成功はおぼつかない。一口に「価値を正確に伝える」と言っても、そう簡単ではない。特にそれが、「ある言語」で形成された価値表現を他の言語形態で正確に表現するとなると、難しさは倍加する。

マーケティングの翻訳では、ブランディングを考慮した翻訳に徹する必要がある。翻訳はまさに、「一語懸命」の作業だ。たとえ一語の翻訳であっても、語法、用語の使い方、市場性などを徹底して調べ上げ、トランスクリエーションを実施する。当然、それだけでは不十分なのがマーケティングの世界だ。

そこで問われるのが、イメージングに即した表現力であり、時代への感性だろう。ところが、この表現力とか感性と言ったものに、「絶対」がないのが難しくもあり、面白さでもある。

ただし、「難しい」という言い訳は、プロの世界では通用しない。正確性を欠くようでは、ブランディングへの一歩も踏み出せないことになる。まずは、正確に伝えること。それを確実に実現する能力こそ、ローカライザーに求められる資質と言える。

マーケティングにおけるトランスクリエーションとは、知識欲を強烈に刺激されつつ、市場の正直な評価を正面で受け取れる「エキサイティング・ワーク」である。

InterRAT handover(InterRATハンドオーバ)

携帯電話などのモバイル・デバイスの測定に関する翻訳に、InterRAT handover(InterRATハンドオーバ)という言葉がよく出てくる(例えば、Agilent N5973A Verizon Wirelssコンプライアンス・テスト・プラン用IFTオートメーション・スクリプトのp2)。

RATは、Radio Access Technology(無線アクセス・テクノロジー)の略で、LTEや3G(W-CDMA などの第3世代携帯電話)などのモバイル通信回線のことである。ハンドオーバとは、通常は、同一のRATのあるセルから別のセルにモバイル端末が移動して、基地局を切り替える際に、通信回線が途切れないようにする仕組みである。これは、同一のRAT内でのハンドオーバなので、IntraRATハンドオーバとも呼ばれる。対して、InterRATハンドオーバとは、異なるRAT間でのハンドオーバ(例えば、LTE回線から3G回線へのハンドオーバ)である。

ハンドオーバについては、以下を参照。

ケータイWatchのケータイ用語の基礎知識の第68回:ハンドオーバーとは

pickleball

「Pickleball」というスポーツを知っていますか?
先日アメリカの友人が、「Pickleball にはまっていて、自宅の庭などで家族や友人とプレーしている」と言っていました。

Pickleball? なにそれ? 私は聞いたこともありませんでした。

調べてみると、バトミントンサイズのコートで、テニスのようにラケット(大きめの卓球ラケットみたい)でボールを返すゲームだそうです。その歴史は思ったよりと古く、1965年にアメリカできたスポーツですって。

USA Pickleball Association http://www.usapa.org/whatis_pball という組織があり、トーナメントも盛んに行われているようですよ。コートが小さいので子供からお年寄りまでプレーできるらしいです。友人によると、ボールにスピンをかけたり、トリッキーなスキルを使うのがけっこう楽しいらしい・・・

日本では「ピックルボール」と呼ばれ、一部の地域でプレーされているようです。ゲートボールもいいけど、ピックルボールもいいかも!

実際のプレーを見たことすらないけど、楽しいかも!!

DigRF

携帯電話の測定に関する翻訳に、DigRFという言葉がよく出てくる(例えば、Agilent RDX テスト・ソリューション DigRF v3/v4 用)。DigRFは、Digital Radio Frequency(デジタル無線周波数)の略である。

DigRFとは、モバイル無線機のRFICとベースバンドIC間のインタフェースの規格で、MIPI (Mobile Industry Processor Interface)アライアンスのDigRFワーキンググループで定義されている。最新のDigRF v4は、LTE やWiMAXなどの規格用のインタフェースである。従来は、ベースバンドIC とRFIC間の通信リンクはアナログであり、ベースバンドICで作成されたアナログ変調信号をスペクトラム・アナライザを使用して測定していた。DigRFインタフェースでは、動画などの大きなデータを高速かつ効率的に伝送するためにベースバンドIC とRFIC間の通信リンクが高速デジタル・シリアル信号になり、ベースバンドICの機能を検証ためにDigRFデジタル・シリアル信号の生成/解析ツールが必要になる。

DigRFについては、以下を参照。

DigRF(SM) Specifications MIPI Alliance(英語)

electronic load(電子負荷)

電源測定に関する翻訳に、electronic load(電子負荷)という言葉がよく出てくる(例えば、太陽電池セル/モジュールのI-V 曲線の特性評価のp2)。

電源や電池の出力特性や寿命を評価には、その出力に負荷をつないで電流を流す(シンクする)必要がある。しかし、一般に負荷に流れる電流は時々刻々と変化する(例えば、PCのATX電源では、ソフトを起動したり、DVDドライブを使用すると、PCに流れる(シンクされる)電流が変化する)。これをシミュレートして電源や電池の出力特性を評価するために、負荷として可変抵抗を用いて手動でシンク電流を変化させるのは、面倒であったり、大電力に耐えられないことが多い。そこで、可変抵抗の代わりにトランジスタなどの半導体を用いて、流れる(シンクする)電流を自由に制御できるようにした、電子負荷が使用される。

電子負荷の原理についての簡単な説明は、以下を参照。

電子負荷装置

jitter tolerance(ジッタ耐力)

ビット・エラー・レート・テストに関する翻訳に、jitter tolerance(ジッタ耐力)という言葉がよく出てくる(例えば、Agilent J-BERT N4903B 高性能シリアルBERT)。jitter toleranceは、「ジッタ・トレランス」とも訳される。

jitter tolerance(ジッタ耐力)は、SONET/SDH(光ファイバーを用いた高速デジタル伝送方式の国際規格)の仕様で最初に用いられたが、最近ではUSB3.0、PCI Express、シリアルATA、HDMIなどの高速シリアル伝送規格でも重要な測定項目になっている。ジッタ耐力とは、どれだけのジッタに受信側が耐えられるか(受信側でのビット・エラー・レートが一定値(例えば、10の-12乗)以下になるか)を確認する測定である。通常、ジッタの大きさや周波数、ジッタの成分(種類)を変化させながら、受信側でのビット・エラー・レートを測定する。

ジッタ耐力については、以下を参照。

高速シリアル通信におけるジッタの基礎と測定手法の概要のp10

村田製作所の投稿記事「USB3.0に対応したノイズ対策」の「Jitter Tolerance試験におけるマージン向上]