lumped element and distributed element(集中定数素子と分布定数素子)

図1

マイクロ波回路シミュレータに関する翻訳で、lumped element(集中定数素子)、distributed element(分布定数素子)という言葉が出てくる。

「集中定数」とは、回路網の長さや素子の大きさが、そこを流れる交流の波長に対して無視でき、回路定数や素子定数が1点に集中しているという意味で、集中定数回路とか集中定数素子(コンポーネント)と呼ばれる。これに対して、「分布定数」は、回路網の長さや素子の大きさが波長に対して無視できなく、部品として目に見えない素子が分布していると考える必要がある場合に使用する。例えば、図1の上図のように、信号源と負荷の間の配線の距離が10 cmで、信号源の周波数が3 kHz(波長が100km)とすると、線路のどこで電圧を測定しても同じであるが、図1の下図のように、信号源の周波数が3GHz(波長が10cm)だと、配線(伝送線路)上の位置により電圧が異なるので、なんらかの回路素子(通過する信号の振幅と位相を変化させるもの)が伝送線路上に分布しているものとして考える必要がある。

分布定数回路については、以下のサイトが詳しい。

技術の渚

〆張鶴(純)

やっちまいました(><)
例の最近オープンしたワインショップで広告の品¥2,480というポップのもと「〆張鶴(純)」を買ったんですが、実は定価は¥1,512でした。
酒屋は定価だと信じていたんですが、酒屋とワインショップは別物ということですな。まあいいや、今晩美味しくいただきたいと思います。
今までにもう何度も飲んでいますが、最近はパック酒ばかり飲んでいたので旨さ格別のはずです。
なんといってもこの「〆張鶴(純)」は、2年に1度発売される本「地酒人気銘柄ランキング」の純米吟醸部門で10年以上連続1位なのであります。
あの「十四代」を抑えてであります!

ところで今度の日曜日、日本一おいしい日本酒を決めよう!という素晴らしすぎるイベントがあるんですが、2時間で8000円はちょっと高いよね。
月例ビリヤード練習会に行こうと思います。。。

冗長化とバックアップ

Telecommunications equipment in one corner of a small data center. Contributed and licensed under the GFDL by the photographer, Gregory Maxwell.大手のレンタルサーバー会社で大規模な障害が発生し、データ消失という最悪の事態が発生したとの報道がありました。

公開された中間報告によれば、原因はセキュリティ対策のために行われたシステムの更新作業だったようです。さらに、本運用のシステムと予備システムの両方で行ったため、データの復旧が困難になったということです。

システムは冗長化されていたものの、正副両方に同じ作業を行ったことで取り返しのつかない状況になってしまったものと思われます。

そもそも、冗長化は「システムを稼働させ続ける」ための備えのことです。システムそのものを複数持つこともそうですし、ハードウェアのレベルでは電源やストレージの多重化などが行われます。ただ、2重3重の対策をとったとしても、時にそれらをやすやすとすり抜けて障害が発生することがあります。

そこで、最後の頼みの綱となるのがバックアップです。システムが完全にお釈迦になってしまった場合は、それ以外に救いの手はありません。ところが、バックアップをきっちり真面目にやろうとすると、世代管理の手間やストレージの用意など、それなりのコストが発生することになります。日々の業務に追われ、そのあたりがなおざりになってしまうのが一番恐ろしいことです。

これまで、冗長化とバックアップを漠然と捉えてきましたが、両者の違いをよく肝に銘じておこうと思います。

noise figure(雑音指数)

図1

図2

マイクロ波測定に関する翻訳で、noise figure(雑音指数)という言葉が出てくる。身近な例では、BSアンテナやCSアンテナの仕様に「雑音指数」という項目がある。

雑音指数とは、信号がデバイスを通過する際の、デバイスの入力端でのS/N比と出力端でのS/N比との比で、「デバイスを通過することによって生じるS/N比の減少度あるいは劣化度」を意味する。例えば、スペクトラム・アナライザで、増幅器の入力端で図1の(a)のような信号が観測され、出力端で(b)のような信号が観測されたとすると、信号の利得は、-40dBm-(-60dBm)=20dBなので、入力端での雑音パワー(-100dBm)も増幅器によって20dB増幅され、出力端では-80dBmとなるはずだが、実際には、増幅器内部で発生した雑音が加わり-70dBmになっている。この10dBの劣化が雑音指数である。

ここで、雑音指数の定義式を、デバイスの利得をG、デバイス内部で付加される雑音をNとして書き換えると、図2のようにデバイスの入力端での雑音パワーに依存する式となる。入力端での雑音パワーは、kTB(ここで、kはボルツマン定数(1.38×10^-23 J/K)、Tは入力信号源の温度(K)、Bはシステムの雑音帯域幅(Hz))なので、結果として、雑音指数は、入力信号源の温度Tに依存する。IEEEでは、雑音指数を決定するための標準温度Tとして290Kを推奨している。雑音指数の測定法として、Yファクタ法コールドソース法などがある。

雑音指数についての詳細は、以下のリンクを参照。

RFおよびマイクロ波の雑音指数測定の基礎

Repository(リポジトリ)

Repository(リポジトリ)
ITの分野でRepositoryとは、データの貯蔵場所を意味する。データや処理工程における情報、プログラムなどが保管され一元的に管理されているデータベースのようなもの。具体的には、設定情報のファイル、これらのデータやファイルが保管されているフォルダー、ソースコードや仕様情報が保管されているシステムなどを指す。また、ライブラリーを集めたサーバーを意味する場合もある。このリポジトリからファイルなどをローカルにコピーして作業を行い、終了したらリポジトリーに返す(差分をアップデートする)わけだ。つまり、ファイルのチェックアウトやチェックインをする。よく耳にするメタデータなどは、このリポジトリで管理している。レポジトリとも表記されたりするが、リポジトリとするケースが多い。

食べ物による金属アレルギー

私は、子どもの頃から肌が弱くてすぐ痒くなってしまいます。
掻き出したら止まらなくなるから悪循環。
夏場は、特に汗をかくので下着やめがねの接触部分に湿疹やあせも・・・

今朝見たテレビでは、食物で金属アレルギーを引き起こすことがあるそうだ・・・
ナッツ類に含まれるニッケルとかクロムとかで金属アレルギーをおこして湿疹になるそうだ。
ピーナッツやピスタチオが大好きな私。昨日の夜もピスタチオを沢山食べてしまった・・・
食物による金属アレルギーを防ぐには、バランスの良い食事と水を沢山飲んで
金属を希釈することだそうです。

これからは、気をつけよう!自戒

ワインショップ開店

最近、閉店のお知らせをよく目にします。あまり利用しなかった店のであっても、街が寂れていくようで残念な気持ちになります。

そんな中、新たにワインショップが開店しました。店の雰囲気はK.N.さんの記事に写真がありますのでご覧いただければと思います。主にワインを扱う店ですが、ビールも欧米の銘柄が揃えられています(もちろん国産もあります)。

偵察レポート第2弾ということで、見かけたものを思い出してみます。

チェコ
ブドヴァル
ドイツ
ヴァルシュタイナー・ピルスナー
フランツィスカーナー・ヘーフェ・ヴァイスビア
ベルギー
ヒューガルデンホワイト
ヴェデット・エクストラ ホワイト
シメイ 赤・青・白
オルヴァル
デュヴェル
イギリス
バス  ペールエール
メキシコ
コロナ エキストラ
アメリカ
ブルックリンラガー
グリーンフラッシュ ホップヘッド・レッドIPA
グリーンフラッシュ ダブル・スタウト
コナブルーイング ビッグウェイヴ・ゴールデンエール
コナブルーイング ファイアロック・ペールエール
コナブルーイング ロングボード・アイランドラガー

コナブルーイングのペールエールはクアアイナに行くと必ず注文しますが、これからは会社帰りにゲットできるので気軽に楽しめそうです。

AEONLIQUOR@南大沢

     
今日のランチは「はなまるうどん」!今まで「ぶっかけ」ばかり食べてましたが最近は「コクうまサラダうどん」にしています。死にそうなくらいヘルシーなのでとってもお薦めです。

ところで今日オープンしたばかりのワインショップ「イオンリカー」、早速偵察に行ってきました!健康診断で行った病院のあるフォレストモールの1階のエレベーター前(元イタメシ屋)の場所です。なんかもうとにかく激安です!うれしいことに日本酒や焼酎のレアもの(「魔王」とか)も置いてありました。(写真に撮ろうと思ったら怒られたのでやめました)とりあえず〆張鶴(純)とか神亀とか、帰りに買ってみようかと思います。

bit/s/Hz(ビット/s/Hz)

無線通信測定に関する翻訳で、bit/s/Hz(ビット/s/Hz)という単位が出てくる。これは、帯域幅1 Hz当たりの情報伝送速度(ビット/s)で、「周波数利用効率」とか「帯域幅効率」とか「スペクトラム効率」と呼ばれている。LTE-Advancedでは、8×8アンテナ構成で30 ビット/s/Hz(ダウンリンク)を目標にしている(参考:LTE-Advancedの概要のp10の表3)。

シャノンの通信路容量の定理(C=B log(1+S/N)、C:情報伝送速度(ビット/s)、B:帯域幅(Hz)、S/N:信号対雑音比、参考:情報理論とサンプリングの基礎)から、スペクトラム効率の理論限界C/B(ビット/s/Hz)が決まるが、MIMO(マルチ入力マルチ出力)と呼ばれる受信と送信に複数のアンテナを使用する手法により、スペクトラム効率の理論限界がM・C/B(M:M(送信アンテナの個数)×M(受信アンテナの個数))に向上する。身近な例では、MIMOは無線LANにも使用されている。

向日葵

もう向日葵(ひまわり)の季節なんですね。向日葵は太陽に向かって咲くわけですが、桜は人間を喜ばすために下向きに咲くように神様が仕込んだんだと教わりました。誰に?って?
二十歳の頃、新宿で統一教会の勧誘に引っかかり、半年くらいまじめに通って勉強する羽目になったんですが、そこで聞いた話です。今思えば都合のいい解釈ばかり聞かされたような気がしますが、東大卒の頭のいい原理研の連中は理詰めで責めてくるのでなかなか反論ができませんでした。そんな苦い思い出はどーでもいいんですが、写真に写ってるピンクの花ってなんていうのかな?とってもいい香りがします。

[追記] Y.T.さんから「ユリだよー」って教えてもらいました。