男の料理

最近バカの一つ覚えみたいに冷奴ばかり食べている。

いろいろ載せると立派に料理した気になる。

絹ごし豆腐の上に、とろろ昆布、かつおぶし、刻みねぎ、のり、の順に載せて、
最後に醤油をかけるだけ。

とってもおいしいよ!


そしていつものようにAKBを見ながらの晩酌。至福のひとときだ。
自分にとってAKBの推しメンBest10は誰なのかを冷静に考えてみた。
高橋みなみは神なので当然1位なのだが、2位から10位がどう頑張っても差をつけることができなかった。同率2位ということでお願いします。「前田敦子、大島優子、篠田麻里子、北原里英、指原莉乃、峯岸みなみ、倉持明日香、宮澤佐江、松井咲子」
世間では人気の小嶋陽菜、板野友美、柏木由紀、渡辺麻友はランク外。残念!

スタイルガイド

翻訳に際してのルールをまとめたスタイルガイドというのがある。文体などをこまごまと事前に決めておくのである。それこそ、100ページや200ページといったスタイルガイドもある。

最近、あるスタイルガイドを読んでいて頷いたことがあった。ガイドの中に、”視覚的なバランス”という言葉が出てきた。まさに、文章を校正するときのポイントである。しかしながら、そういったポイントを明記しているようなガイドは滅多にない。

視覚的にバランスの悪い文章には、必ずと言っていいほど問題がある。漢字だらけで黒っぽく見える文章のかたまりや、ひらがなだらけで白っぽくカスカスに見える文章には、やはりどこか欠点やミスがあるものだ。

極端な言い方をすると、プロの校正者は文章を読まなくても、視覚的なバランスだけで校正の必要な箇所をほぼ見つけ出すことができる。それも瞬間的に。

そういったプロの感覚を持った人が、そのスタイルガイドをまとめたに違いないと思うだけで嬉しくなった。そのガイドは10ページにも満たないが、まさにガイドだ。

にごり酒


普段はにごり酒は飲まないのだが、昨日いつものマルエツでたまたま

「濃醇旨口」

という大好きな四文字熟語文字が目に入ってしまったので思わず買ってしまった。
4合瓶で879円。激安だ!

早速飲んでみたのだが、見た目も味もマッコリみたい(モッコリぢゃないよ!)
そこそこ美味しいのだがかなり濃厚なのでグビグビ飲むわけにはいかない&僕の好きなさっぱり系のつまみ(刺身とか冷奴とか)には合わない。肉食系の人にはいいかもしれない。

ところでiPhoneのカメラには解像度の設定がない。

嫌でも無駄にデカイ解像度(3264×2448)で撮るしかないらしい。

ちなみに動画もHD(1280×720、H.264.mov)で撮るしかないようだ。

ビリヤードとプール

アメリカに居るころ、よく友だちにプール(ビリヤード)に誘われた。わたしの場合は、ビリヤードにのめり込むこともなく上達もしなかった。アメリカでは”ビリヤード”のことを”プール”と言う人の方が多いが、日本でプールと言うと水泳プールかと勘違いされてしまう。

ビリヤードで思いだしたが、英語に面白い表現がある。ビリヤードに、8ボールルールというのがある。8番のボールを最後にポケットに落とした方が勝ちとなるのだが、8番より先に落とさなければならないボールが8番のボールの真後ろにピタリと来てしまうことがある。そうなると、素人には手の打ちようがない。

英語ではそういった、にっちもさっちもいかない(困った)状況を”behind the 8 ball”というフレーズを使って表現したりする。「ついてないな~、困ったな~」みたいな感覚で使うのだが、その昔、ある翻訳者がそういった意味があることを知らずに「8のボールの後ろ」と文脈を考えずに直訳してきたことがあった。

プールがビリヤードを意味する場合があることを知らないと、とんでもない誤訳が発生することになる。

初優勝!


有権者の皆様にまず申し上げたいのは、

「努力は必ず報われる!」(by たかみな)

ということであります!

調布のビリヤード屋に通い始めてまだ1年経ってないのに、来店回数がとってもヤバイことになっております!
まさに彼女いない独身男性だからこそできる業なのであります!
努力しまくっているのであります!

そしてついに先日、ビリヤード大会で優勝したのであります!

初優勝なのであります!

やはり「神たかみな」の名言は正しかったのであります!

ご清聴ありがとうございました!

じゃんけん必勝法

先日NHKの「頭がしびれるテレビ」という番組で「じゃんけん必勝法」というのをやっていた。
統計的に最初に「チョキ」を出す人は少ないらしく、また人は緊張すると「グー」を出す傾向にあることから、最初は「パー」を出すのがいいらしい。
アイコなら次は「グー」、それでもアイコなら「チョキ」。

「パー、グー、チョキ」と覚えよう!

これは統計に基づいた最も簡単な必勝法らしいのだが、数学的に最も勝つ確率が高いのは完全にランダムに出す!ことだそうだ。
しかし、人間にとってランダムを作り出すということは不可能らしく、たとえば適当に数字を並べて乱数を作り出す作業を人にさせると、同じ数字が連続して並ばないようにしがちだとか、5という数字の次は4か6(ある数字の次は前後の数字)を選びがちだとか、どうしてもその人なりの個性やクセが出る。完全にランダムを作り上げるにはやはりサイコロやコイン投げが登場するわけで、結局のところ「じゃんけん必勝法」は、グー、チョキ、パー、がそれぞれ2面ずつ書かれたサイコロを投げ、それに従うということらしい。

AKB48のさしここと指原莉乃がこの番組にゲストで出ていたのだが、次のじゃんけん大会でこの方法を試すと言っていた。しかしアイコになったときに「サイコロ投げるからちょっと待って!」なんて言ってる暇はないわけで、一体どうなるのか今から楽しみだ。

「安くて美味しくて早い」?

「安くて美味しくて早い」のがフードチェーン店のキャッチ。もし、”まずいがとにかく安くて早い”というお店があったら流行るだろうか。程度問題になってしまうが、利用するお客さんもいるだろう。すべての市場を一緒くたに議論はできないが、翻訳業界も似ている。

機械翻訳はまさに「まずいが安くて早い」のだ。機械翻訳は、本来は生き物であるはずの言葉を無機質化してデータ処理することで即応的に大量の言葉の置き換えを可能にしている。しかし、未熟な機械翻訳システムからは、まずい翻訳結果が現れることがある。常識では考えられないほどまずいのである。しかし、世の中、うまくできたもので、提供側と利用側の利害が一致した市場では繁盛している。

ところが、あまりのまずさに根を上げる人たちもいる。「いくら何でもまずくて食べられない。安くて早いのはいいが、食べられる味にしてくれ」とクレームする。さらには、「雰囲気のいいお店で、ちゃんと味付けされた美味しい食事が、センスのいい器に盛られ、サーブが遅いと感じることなく出てきて欲しい」と要求するお客様も大勢いる。つまり、要求の異なる多様なお客様が存在するわけだ。当然、そういったお客様の要求に応えるお店も続々と現れることになる。

面白いことに、「まずいが安くて早い」機械翻訳が、お客様のさまざまな声を引き出し、要求に応じた新たな市場を生み出している。機械翻訳によって翻訳者や翻訳会社が仕事を失いつつあるようにみえて、実は逆にビジネスチャンスを広げている。

やがて、まずかった機械翻訳がそれなりに美味しくなる時代も確実にやってくる。それも、すぐに。そして、美味しさが美味しさを呼び込み、より良い質を求める市場も拡大していくだろう。

質の階層化によって現れる大なり小なりの新しい波。ローカライザーとしての力量が試されている。
We are not afraid of tough demands!

Sake -> No Naked Boxes

「Sake」のブログに、必死で笑いこらえる。苦しい~。”オチ”をそこに持っていくか~!!!

“オチ”の意外性に、ある訳語で悩んだことを思い出した。。

先日、製品サービス関連のドキュメントの中に、”No Naked Boxes”という英語が出てきた。粋な言葉を使いやがって、と思いつつ訳に悩んだ。「空の箱はない」なんて訳は、文脈からしてあり得ない。

人は箱を見るとどう思うだろうか。何か入っているだろうかってワクワクしたり…。箱には何かが入っているもの(箱に中身は必須)だと考えれば、すんなり訳語にたどり着いた。製品にサービスは必須。。。「製品とサービスは一体」

筆者の狙いは不明だが、勝手にそう解釈した。酒好きのSakeの筆者はクマ好き。一升瓶が出てきたときは、まさかクマと晩酌?っと思ったが、オチは、もっと深かった。訳語のオチも他にあるのかもしれない。

sake

日本酒を知った頃はとにかく旨い銘柄を探求していたが、いかんせん365日毎日の晩酌。お金がかかって仕方がないので、最近はいかに安くてそこそこ旨いかが最重要課題となっている。

 

そんな中、マルエツで見つけたのが一升瓶で1280円の超激安純米酒。それほどコクや旨みは少ない端麗辛口系。冷より燗がGood。パック酒よりはマシな味という程度なのでお勧めはできない。
一升瓶だとお猪口やコップに注ぎにくいので同じ銘柄の4合瓶に100均で手に入れた漏斗を使って中身を移動するのだが、この作業は毎日行われる儀式となっている。(なぜなら毎日4合以上は飲んでしまうから。)

ついでにうちのくまきち(茶)とくますけ(白)と並べて記念撮影してみたよ。

一升瓶が小さく見える。