CQI、PMI、RI

LTEに関する翻訳で、CQI、PMI、RIという言葉がよく出てくる(例えば、LTE-Advancedの概要のp19)。CQI、PMI、RIは、それぞれChannel Quality Indicator(チャネル品質指標)、Precoding Matrix Indicator(プリコード化マトリクス指標)、Rank Indicator(ランク指標)の略である。

LTEでは、複数のアンテナを使用して周波数効率とデータ・レートを向上させるMIMOが使用されている。MIMOでは、基地局側の複数のアンテナの振幅、位相を調整して、アンテナ・ビームを端末に向けて最適な伝送を行うために、基地局からCSI(Channel State Information)参照信号を端末に送信する。端末は、この参照信号を用いてチャネル品質を測定してCSIレポートとして基地局に送信する。このCSIレポートにチャネル品質情報(CQI、PMI、RI)が含まれいて、基地局はこれらの情報を用いてアンテナ・ビームを合成する。

CQI、PMI、RIについては、以下を参照
LTE-AdvancedにおけるMIMOおよびセル間協調送受信技術
MIMO system, multiple antennasの「19. Uplink Control Signaling (Reporting the channel condition),チャネル状態通知」

thermocouple(熱電対)

計測に関する翻訳で、thermocouple(熱電対)という言葉が出てくる。熱電対は温度計測によく使用されるが、高周波のパワー測定に用いられるパワー・センサにも熱電対を使用するものがある。

熱電対とは、種類の異なる2つの金属線の両端を接合したものである。1本の金属線の両端に温度差を与えると、高温側の自由電子は低温側よりも大きなエネルギーを持つので、自由電子が高温側から低温側に移動する。その移動速度は金属の種類によって異なる。そこで、自由電子の移動速度が遅い金属線と速い金属線の両端を接合して熱電対を形成すると、自由電子の移動速度の差により電位差が生じ電流が流れ続ける。種類の異なる2つの金属線の組み合わせが決まれば、この電位差と温度差の関係が一意に決まる。この関係を利用して温度計測を行う。

熱電対の動作原理については、以下を参照
熱電対についての豆知識2
パワー・センサに用いられる熱電対については、以下を参照
パワー測定の基礎のp5-15~p5-17

尊敬する先生

先日、わたしの最も尊敬する先生から手紙が届いた。奥様の死を知らせる訃報であった。手書きの訃報にはこうあった。

「…自分のやりたいことばかりして、妻のしたいこと、また健康を思いやることに欠けていた私としては深い後悔に今はうちひしがれています。これからは妻の生き方、妻が私にしてくれたこと、妻が今後やろうとしていた社会貢献をよく考え、妻を生かし続けるよう努力したいと考えています。…」

その先生は、東京大学の名誉教授である。が、学者である前に活動家であり実践者である。”学者であると同時に”と言わないのは、実践者としての偉大さが際立っているからである。まさに、並はずれた頭脳を人生をかけて実践に生かされている。未曾有の苦難にあえぐ人々を救うための活動を実践されておられる。故にわたしは、その先生を最も尊敬している。

その先生を支えてこられ、最も強力な理解者であった奥様が亡くなられた。癌との闘いだったようだ。病床にありながらも、苦しみながらも明るく振舞っていたと聞いた。その奥様の病床でのお気持ちを察するには、余り有るものがある。深い愛が垣間見えるだけに、先生の実践者としての必死なまでの日ごろの言動に心打たれる一人として、奥様の無念さも伝わってくるようで辛く悲しみに耐えない。

いつの時代にも美辞麗句を並べるだけの人と”生きる”リスクを負う実践者はいる。実践者には時として、喩えて言えば「石」が投げ付けられたりもする。実践者には矢面に立つ覚悟と揺るぎない強い信念、そしてそれを可能ならしめる環境が必要なのだが、その環境を作り上げ支えておられた奥様には、先生と同等に尊敬の念を強く抱く。

時間は、実践者とそうでない人とをふるいにかける。時間が、歴史が、いずれ、正当にその先生の評価をしてくれるだろう。先生とともに活動に参加させていただいているわたしの切なる願いは、先生の生あるうちに、実践の”実り”を知らせる”吉報”が届くことである。たとえ、時間が実践者を評価する時が来るとしても。

週末、葬儀式に参列した。遺影写真の奥様は、明るく微笑んでいた。帰りの電車の中で、参列者への返礼文を開いてみた。そこには、奥様への想いがつづられていた。「笑顔の愛らしく美しい人」と題されて。

心から合掌||

convolutional encoder (コンボリューショナル・エンコーダ)

無線通信測定に関する翻訳で、convolutional encoder (コンボリューショナル・エンコーダ)という言葉がよく出てくる。「畳み込み符号化器」と訳されることもある。

encode(エンコード、符号化)とは、情報(アナログ情報、デジタル情報)をデジタル情報に変換することである。この逆はdecode(デコード、復号)と呼ばれる。身近な例として、アナログの音声信号をリニアPCMのデジタル・データに変換することがエンコードであり、デジタルのPCMデータをデジタルのMP3圧縮データに変換することもエンコードであり、デジタルのMP3圧縮データをデジタルの暗号化データにすることもエンコードである。

無線通信では、建物による反射、雨などの気象条件による減衰、移動によるドップラ効果、さまざまな雑音源による干渉などにより、伝送路で通信の誤りが生じるので、この誤りを訂正するために、送信するデータに冗長性を加える。このための符号化方式として、「convolutional encode(コンボリューショナル・エンコード、畳み込み符号化)」という方式があり、それを行う装置がコンボリューショナル・エンコーダである。

符号化については、以下を参照。
ボクにもわかる地上デジタル – 地デジ方式編 – 符号化

畳み込み符号化については、以下を参照。
無線通信における畳み込み符号化について

2013年は64bit元年

今年もよろしくお願いします。

2014年4月にWindows XPのサポート期間が終了するのをご存知でしょうか。サポートの終了で、新たなセキュリティ修正プログラムの提供も行われなくなります。

これを受けて、弊社でもWindows 7 64bit版への移行を開始しました。2013年は「64bit元年」として新しい環境への引越しを加速していく所存です。

すでに数台の移行を完了しましたが、互換性のトラブルは予想よりも少なく「案ずるより産むが易し」といったところです。ハードウェアキー(ドングル)を使用したアプリでドライバが提供されないという問題もありますが、仮想環境の活用で対応できればと考えています。

移行にまつわるtipsでこれはというものがありましたら、今後こちらでご紹介できればと思います。

burden voltage(負担電圧)

デジタル・マルチメータの電流測定仕様にburden voltage(負担電圧)という言葉がよく出てくる(例えば、U3400シリーズ4½/5½桁デジタル・マルチメータのp8)。

電流を測定するには、電流を測定したい箇所を切断して電流計を直列に繋げる。このとき、電流計自体の抵抗がゼロΩであれば電流計による電圧降下がなく、電流測定に誤差が生じない。しかし、電流計にはスイッチ、ヒューズ、リード線、シャント抵抗などによる抵抗があり、それらにより電圧降下が生じ測定誤差の原因となる。この電圧降下を負担電圧と呼ぶ。

Interrupt(割り込み)

中断と訳したいところだろうが、CPUの説明にinterruptと出てきたら「割り込み」と訳す。車列間や電車待ちの列への割り込みはブーイングものだが、コンピューターの世界では割り込みがないと作業が進まなくなってしまう。例えば、CPUが周辺機器など(キーボードとか)から受け取る要求なども割り込みである。CPUが何らかのプログラムの処理中にキーボード(外部ハードウェア)が押されたりすることを”ハードウェア割り込み(hardware interrupt)”と言う。割り込みはコントローラなどを経由してCPUに伝えられ、CPUは受け取った信号に応じた処理を行うわけだ。因みに、software interrupt(SWI)は「ソフトウェア割り込み」のこと。

いつまでも熱き心・ありがとう~!

栃木の旧友ご夫妻から栃木名物「まさしの餃子」が届いた。”アチアチ(熱い)”餃子にも負けない心温かな友人である。もう、30年も経つのだろうか…彼らに出会ってから。

知り合った頃、彼らが住むアパートの住人(同じ学校に通う仲間たち)が密かに集まって、わたしの誕生会を開いてくれた。あまりのサプライズに涙が止まらなかったことを今でも覚えている。彼らの熱き心に涙が止まらず、道に出て男泣きした。一生忘れない。

その友から今年も届いた熱い”心づかい”。
いつまでも変らない友情に、ありがとう。

Advocate(アドボケイト)

<わからないようなわかるような…カタカナ表記の限界>
セールス(営業)担当者がリストに上げたリード(見込み客)をスコアリング(採点=評価付け)しクオリファイ(選別=分類)して他のディビジョン(部課)にエスカレーションする(対応を引き継ぐ)ことで、リードナーチャリング(見込み客の育成プロセス)でのアプローチ(売り込み)によって(サスペクト(潜在見込み客=購入するかどうかわからない消費者)がプロスペクト(顕在見込み客=購入してくれそうな消費者)と進化し、さらにファースト・バイヤー(1回購入者)からリピーター(複数回購入者)と発展して、カスタマー(顧客)という立場からロイヤル・カスタマー(信奉顧客=忠誠心の高い顧客)とも呼ばれるクライアント(得意客=常連顧客)となれば、サポーター(支持者=応援顧客)とかアドボケイト(代弁者=熱心な支持者)の仲間入りとなり最終的にはパートナー(協力者=仲間)になれるかも。

Qualified lead(クオリファイドリード、有望な見込み客)

マーケティング分野(特に営業に関して)leadと出てきたら、見込み客(リスト)という意味の可能性が高い。Leadという単語には、他動詞、自動詞、名詞、形容詞とさまざまな活用があるため、文脈によって訳は無数に考えられるが、プロの翻訳者であれば訳に迷うことはないだろう。しかし、leadの前後に他の単語がくっついた途端に、解釈に戸惑う翻訳者が多いようだ。例えば、Lead Nurturing(リードナーチャリング)、Lead scoring(リードスコアリング)、Lead Qualification(リードクオリフィケーション)をどう訳すかで迷ったりするようだ。業界では、すべてカタカナ表記にしても通じるが、これらの意味はしっかりと理解しておきたい。

因みに、suspect(サスペクト)やprospect(プロスペクト)も見込み客と訳されているケースがあるが、フェーズによって意味が異なってくるので、leadも含めてすべてを一緒くたに”見込み客”と訳してしまうと混乱が生じることになるので注意が必要だ。文脈を読み取って正確な訳を!