ニムニム数

一、十、百、千、万、億、兆、京、…

この先の位って知ってる?答えはこちら

「那由他(なゆた)」とか「不可思議(ふかしぎ)」とか仏教っぽいよね。
僕は子供の頃読んだ「マンガ般若心境」で知りました。

一般に漢数字は

無量大数=1068

ってのが一番デカイってことになってるけど、仏典にはまだまだ続きがある。

不可説不可説転(ふかせつふかせつてん)=1037218383881977644441306597687849648128

この天文学的にデカい数字、Wikipedia先生によると「悟りの功徳の大きさ」を表したものらしい。
ちなみに英語の世界ではどんなのがあるのか調べてみたら不可説不可説転よりデカイのがあったよ。
グーグルに似たグーゴルプレックスっていう単位

グーゴル (googol) =10100

グーゴルプレックス (googolplex) =1010100

なので

無量大数 < グーゴル < 不可説不可説転 < グーゴルプレックス

って感じになるわけですが、グーゴルプレックスよりもはるかに大きい「グラハム数」(もはや指数表記できない)ってのがギネスブックに載ってる最大の数らしいっす。
ならばグラハム数よりデカい「ニムニム数」ってのを

N=G2626(4)

で定義すればギネス更新?と思いきや世の中そう甘くありません。

「単なる巨大さ以外で意味のある考察の対象となりうる最大の数」

でなければいけないからです。(そりゃそうだ)

全然関係ないけど10億を表すbillion(ビリオン)って聞くとなんかウキウキしない?
それは響きがpavilion(パビリオン)に似てるから!
僕だけかな?

Rumination(反すう)

ニュースに出てきた”反すう”という言葉を、英語メディアはどう英訳して伝えているのだろうか。この言葉、医学(酪農など)の分野のドキュメントに出てくる。牛や羊などの反すう動物が食物を口で咀嚼し、反芻胃で消化した後に再び口に戻してムシャムシャと咀嚼することを繰り返す行為を指す。さて、ニュースに出てきた”反すうし考える”という表現を、英語メディアがどう訳して報道しているのか。実際の英語ニュースはまだ聞いていないが、推測するに、consider、think again、think over、further thoughといった単語を使うのだろう。ruminateやchew the cudといった表現で伝えるメディアはあるだろうか。あったとしても少ないだろう。生徒が先生の教えを、子供が親の言うことを”反すう”するならわかるが…。そう言えば、ユダヤ教の食事規定(カシュルート)の中にカーシェール(食べてよい食物)として”反すう”動物が出てくる。

False negative(誤検知、誤検出、誤判定→)

たとえば、迷惑メールを正常メールと判断してしまうこと。逆に、正常メールを迷惑メールと判定されることをFalse positiveと言う。見方によっては、ネガティブとポジティブが逆のような気もするが、「不正アクセス者」を「認証されたユーザー」と判定されることがネガティブなことだと考えれば何となく理解できるだろう。そう、この場合をFalse negativeと言うのである。それでも、やはり混乱してしまう用語なのは確か。医学分野では”False negative(偽陰性)”、”False positive(偽陽性)”と訳すが、一般には馴染みのない言葉だけに、一般向けドキュメントでは文脈によって訳しわけた方がいい。情報セキュリティの分野では、”誤った判定”などと訳したほうがわかりやすくなる場合も多い。文脈が曖昧な場合は、誤検知(False~)と日英併記にする手もある。

Production environment(本番環境)

システム開発の分野ではこう訳す。分野によっては生産環境でもいいが、そこをグッとこらえて本番環境と訳そう。RealとかActualがenvironmentの前にある場合はどう訳すか。単純に、実環境とか実際の環境と訳す。場合によっては現実環境と訳す場合もあるが、厳密にはReality environmentを現実環境と訳す場合が多い。本番環境というのは、システムが製品として実際に稼動している環境を指すが、対比的な用語として開発環境(Development environment)がある。開発すれば本番前には検証しなければならない。その段階の環境をステージング環境(Staging environment)と言う。

記録メディア栄枯盛衰

MOとFD最近ではすっかり見かけなくなった、MO(左)とフロッピーディスク(右)です。

千円も出せば16GBのスティック型USBメモリが買える今日この頃、640MBのMOや1.4MBのフロッピーに出番がないのも仕方がないことです。そもそも、PC本体にFDDが標準装備されなくなって、だいぶ経つのではないかと思います。

ただ仕事上、どうしても古いデータを発掘しなくてはならないこともあります。そのため、弊社では3.5FDD、MOドライブ、それからZIPドライブを残してあります。出番はほとんどありませんが、レガシーなドライブたちはその時に備えてスタンバっています。

女子の会話

今朝、TVの情報番組を見てびっくりしました。

近ごろ会話の中で、自分のことを「わたし」とは言わず、下の名前を使っている女子が非常に多いのだそうです。
街の10代~20代女子にインタビューしたところ、約160人中90人の女子が下の名前を使っているとのこと。

私のまわりには身内も含め、「お願い、マキにも買ってきて~」などという女子はいないため(それは私の年齢のせいか・・・)、上の数字にはビックりしました!
学生だけではなく、社会人もこのような<下の名前使っちゃう女子>が増えているそうです。

きっと近い将来、会社でもこのような会話がされるようになるのでしょうか・・・・
女子社員A: もう少し具体的な解決策を明記するほうがよいかと、アユは思います。
女子社員B: ミサキもその意見に賛成です。
     私: ・・・・

う~ん

レディースランチ

 

今日は創作オムライスの店「ポムの樹」で日替りランチを頼みました。
「レディースランチにはデザートがついてるね。オネエなら頼めるのかな?」
なんつー話をしながら料理が出てくるのを待っていたのでありますが、
よく見ると夜メニューの「レディースセット」には
※男性のお客様もご注文いただけます。
って書いてある!
でもランチメニューの「レディースランチ」にはそれが書かれていない!
結局お会計のときにレジのお姉ちゃんに聞いたら
「あんたも好きねえ」
とは言われなかったがそれ含みの笑顔で
「頼めますよー」
って言われました。
次回はレディースランチ注文しようと思います。

Reputation(レピュテーション、レピュテーション技術)

ITドキュメントに”Reputation”と出てきたら、ほとんどの場合、レピュテーション、または”レピュテーション技術”を意味する。通信相手の”評判”を調べ分析し、点数化や重み付けなどをして”怪しさ”を判断するセキュリティ技術の一つ。正確に表現するとしたら”Reputation-based security technology(レピュテーションベースのセキュリティ技術)”となる。長ったらしいので、単に”Reputation”とか”Reputation technology”と表記したりする。ネット上の脅威は、高度化、複雑化、緻密化している。進化を続ける脅威。まさに、俊敏に攻撃の連鎖を切断していかなければならない。そこにビジネスが生まれるのだが…。ビッグデータをうまく活用すれば、さらに新しいセキュリティ技術が生まれるだろう。その分、脅威も増大するのだが…。あ~”イタチごっこ”。

Data explosion(データ爆発→)

Data Explosionとは、”データの爆発的な増加”を意味する。”爆発”という表現は好みではないが、”データ爆発”として市場に浸透してきている。”データの激増”とか”データの膨大化”と言いたいところだが、その程度の表現では言い表せられないほどのスピードで、驚異的に、爆発的に増え続けている状況を表現するのには、”爆発”という言葉が単純でわかりやすいとも言える。多様化を伴った”データ爆発時代”の到来で、際限なく増殖するビッグデータをどう分析し、どういった価値を創出していけるのか。データ悪用やさまざまな”脅威”に対する対策をどう講じていくのか。情報爆発(Information explosion)の雲の下で複雑さを増しているIT社会。”シンプルさ”がキーワードともなっている。

Big data(ビッグデータ)

IT関連のドキュメントを翻訳していると、使用される用語の傾向やその頻度によって、ITビジネスの明日が見えてくる。ここ1~2年、頻繁に聞かれるようになったビッグデータとは、通常のデータベース管理ツールなどでは手に負えないような膨大な(数量的には莫大)な量のデータの集まりを意味する。そのビッグデータをどう活用していくかで、企業の将来も変ってくるのだろう。因みに、Large dataは通常、サイズを表現する場合に使い、大容量データを意味する。混同して使われたりするので、文脈をしっかりと把握して訳す必要がある。